【脂肪や糖を抑える青汁】で置き換えダイエット成功のコツ

リフレ【脂肪や糖を抑える青汁】は置き換えダイエットにピッタリ!

置き換えダイエット 青汁

 

いま『置き換えダイエット』がとても人気ですね。
1日3食の内の1食をダイエット用の食品に置き換えて摂取カロリーを減らすというダイエットです。
しかし、「お腹が空いて続かなかった」とか、「空腹に負けてつまみ食いをしちゃった」とか、「栄養不足になって、続けられなかった」・・・などなど、置き換えダイエットに失敗したネガティブな声も多いですね。私も、そういった人たちの話を耳にしました。

 

しかし、実は置き換えダイエット成功のコツがあります。
私はリフレの【脂肪や糖を抑える青汁】を使った置き換えダイエットにちょっとした工夫をして、置き換えダイエットを長く続けることが出来ました。私はその工夫で置き換えダイエットの辛さを乗り越え、ダイエットに成功しました。
次はあなたが置き換えダイエットに成功する番ですよ♪

>> 【脂肪や糖を抑える青汁】の詳細はこちら

 

置き換えダイエット成功の秘訣はちょっとずつゆるくすること

置き換えダイエットに限らず、「さあ、ダイエットするぞっ!」と決めた時に、早く痩せようとアレもやってコレもやって・・・と、初めからガチガチでやってしまうと続かないんです。ちょっとゆるくしましょう。急がば回れですよ。

 

置き換えダイエットで失敗した人たちの原因を探してみました。すると、そこにはある一定の法則のようなモノが存在していました。一定の法則というとちょっと大袈裟ですが、置き換えダイエットをやり始める時に多くの人がやってしまいがちなちょっとしたことがあるんです。それらは、置き換えダイエットを始める時に少なからず悩むいくつかのことに直結しているんです。
さあ、ここからそれら一つずつをゆるくしていきますね。

 

置き換えダイエットは朝食・昼食・夕食のどの食事と置き換えるのがいいの?

ズバリ、朝食を置き換えましょう。

 

例えば、「朝食はしっかり摂りましょう」とよく耳にします。更に、「夕食は少なめにするのが健康的です」とも。
だとすると、置き換えるのは朝食じゃなくて夕食が正しいことになりますよね。
でも、朝は忙しくて朝食を食べないことが多いんじゃないですか?それに、夕食は友達と食事に行ったり、飲みに行ったりすることも多いですよね。やっぱり朝食を置き換えた方が、置き換えダイエットを長く続けられると思いませんか?
ちょっとゆるく考えましょう・・・^ ^

 

だからと言って、あなたのライフスタイルを変えてまで朝食で置き換えダイエットをすることはありません。昼食や夕食で置き換えした方がご自分の生活スタイルに合うと思えばそうしてください。無理すると続きませんから。

 

私がリフレ【脂肪や糖を抑える青汁】で置き換えダイエットを始めて少し効果が出始めた時に、私と同じように医者から糖尿病予備軍と言われて、高血糖に悩んでいた友人にリフレの【脂肪や糖を抑える青汁】を教えてあげると、彼は昼食で置き換えダイエットを始めました。そして、みるみるうちに痩せていきました。2ヶ月で7キロ痩せて、3ヶ月で血糖値を正常値に戻し、医者を驚かせたそうです。
彼は、私よりもずっとスピーディーに結果を出したんです。私は彼にリフレの【脂肪や糖を抑える青汁】を紹介しておきながらちょっと嫉妬したくらいです。

 

 

置き換えダイエットはどんな食品と置き換えるのがいいの?

まずは、置き換えダイエットに使われる食品をざっと並べてみます。皆さんは、どんな食品で置き換えダイエットをしているのでしょうか?ネットでざっと調べて、ヒットしたものを並べてみます。

 

甘酒、ゼリー、キャベツ、クッキー、こんにゃく、サラダ、青汁、スムージー、スープ、さつまいも、シリアル、ソイジョイ、プロテイン、そば、そうめん、タピオカ、卵、高野豆腐、豆乳、豆腐、トマトジュース、ナッツ、フルグラ、フルーチェ、抹茶、ヨーグルト、りんご、レタス、わかめ、寒天、牛乳、玄米、雑炊、バナナ、もやし、納豆、ダイエットシェイク・・・などなど。

 

こうしてみると、皆さんが置き換えダイエットに使用している食品は、まぁ多岐に渡っていますね。幅が広過ぎという感も否めないですがカツ丼やら焼肉やらがなくて安心しました・・・ ^ ^

 

基本的には、上記のどれでもいいと思いますよ。ただし、用意するのに面倒なものや時間がかかってしまうものは適さないですね。置き換えダイエット以前に、何事も手軽なモノでなければ続きません。
それから、ダイエット用のシェイクみたいな飲み物などは値段が高い上にカロリーも高いですよね。ダイエット用のシェイクを無調整の豆乳などで割れば200kcalにもなってしまいますよね。
やはり、私は青汁がいろいろな面で置き換えダイエットに適していると思いますね。私が【脂肪や糖を抑える青汁】で置き換えダイエットに成功したからかもしれませんが、手軽さがいいんですよね。

 

置き換えダイエットにおすすめの飲み物は?

上の項目の続きになりますが、ダイエットに特化した特別な飲み物を購入しなくても良いと思います。
高い値段のドリンクを購入したからといって置き換えダイエットが成功する訳でもなく、簡単に痩せる訳でもないんですよね。気持ちは理解できますが、置き換えダイエットがやり易い「これだっ!」と推せる飲み物はありません。正直に言って、カロリーがそんなに高くない飲み物だったら何でも良いかな…と思っています。
もうちょっとゆるく考えた方が置き換えダイエットを継続できて痩せられますよ。

 

では、私がなぜリフレの【脂肪や糖を抑える青汁】を選んだかと言えば、水を飲み続けるよりも続けられそうだったからです。それと、脂肪や糖の吸収を抑えることが出来るということ、食物繊維も豊富に含まれているということからです。
こんなことを言うと元も子もありませんが、水のカロリーはゼロですね。でも、たくさんは飲めませんよね。例えば、ビールだったら1リットルや2リットルは飲めちゃいますが、水をそこまでとても飲めませんよね。そういうことです。
リフレの【脂肪や糖を抑える青汁】を飲みながら、置き換えダイエットを続けて痩せることが出来たコツも下の方で書いています。ユルイですよ〜・・・ ^ ^ y

>>リフレ 【脂肪や糖を抑える青汁】の詳細はこちら

 

間違った置き換えダイエットの方法

根本的なことですが、置き換えダイエットに限らず、ダイエットというといきなり頑張り過ぎてしまう人がいるんです。ダイエットするんだから、体重を減らすんだから、痩せるんだから…と、アレもコレもやろうとする人がいるんです。ガチガチでいろんなことを一度にやろうとしてはいけません。絶対に続けられませんよ。

 

置き換えダイエットがキッカケで体重を13キロも落とした私は、リバウンドが怖くて今でも週に4〜5日はウォーキングをしています。その時に同じようにウォーキングやジョギングをしている人たちを見掛けます。その中で、私が「この人は長くは続かないな」って感じた人が、ほぼほぼの確率で見掛けなくなります。
私はそんな人たちの何を見ているのでしょうか?
それは、歩き方です。歩く姿勢?・・・でもいいのですが、すごく無理しているんです・・・ ^ ^
どんな風に・・・と言えば、不自然に手を大きく振って歩いているんです。確かに、ネットなどでウォーキングのやり方を調べると、「手を大きく振りましょう」みたいなことが書いてあります。更に、不自然に大股で歩いているんです。私もけっこう大股で歩いているんですが、ウォーキングを始めていきなり大股で歩くのは難しいんです。このように、一度にアレもコレもやろうとする人が多いんです。
置き換えダイエットも同じなんです。最初からガチガチで行くのはやめましょう。少しゆるくしましょうね。

 

置き換えダイエットは栄養不足にならないの?

これはちょっとデリケートな話になります。ダイエットといえば、摂取カロリーを少なくするということになります。
摂取カロリーを少なくすれば体重は落ちるという図式になります。でも、摂取カロリーを極端に少なくすると、摂取する栄養も少なくなるということになります。ここが問題なんですね。早く痩せたいからと極端なダイエットをする人もまれにいらっしゃるようですが、良いことは絶対にありません。
上記でも書いて来た通りに、早く痩せたいからとガチガチでやり過ぎないことが大切です。
しっかり栄養も摂りましょう。私は男ですからあまり気にはしませんでしたが、無理なダイエットは肌荒れを起こしたり体調を崩したりします。そこまでしてのダイエットは無意味だと思います。きっと後悔することになると思います。

 

抽象的な言い方になると思いますが、健全なダイエットを心掛けましょう。そして、置き換えダイエットは健全なダイエットの性質に近いものだと思います。無理をしない置き換えダイエットを心掛けましょう。

 

置き換えダイエットでお腹が減って我慢できなかったら?

置き換えダイエットで一番の敵は空腹です。この空腹感はかなりのストレスになり、置き換えダイエットを諦めてしまう方も多いようです。では、お腹が減って耐えられないという場合の対処はどうしたらいいのでしょうか。

 

私は、リフレの【脂肪や糖を抑える青汁】と一緒にカロリーが少なめな物を食べました。いろいろ考えましたが、ゆで卵や豆腐、納豆を食べました。お腹が減って我慢できないと置き換えダイエットを諦めてしまうよりはいいと思ったからです。。

 

ゆで卵の場合は1つだけ食べました。卵はLサイズで約100kcalあります。例えば、朝食にバターを塗ったトースト1枚とサラダ、コーヒーを摂ると約300kcalになりますから、200kcalは抑えられることになります。
豆腐の場合はスーパーなどで売っている3個パックの絹ごし豆腐1つを食べました。豆腐も100kcal以下ですので、ゆで卵と同じくらいのカロリーを抑えられます。
納豆の場合はやはりスーパーなどで売っている3個パックの納豆1つを食べました。納豆も100kcal以下ですので、上記の2つと同じ効果が得られます。
空腹感が強い時に以上の内の一つを食べることで、空腹感は抑えられますので空腹によるストレスも軽減されますよね。
ちなみにリフレの【脂肪や糖を抑える青汁】自体のカロリーは14kcal(1袋)ですから気にしなくてもいいくらいですよね。

 

気を付けないといけないのは、1食の置き換えで空腹を我慢出来たとしても、他の2食でドカ食いをしてしまったら元も子もありません。更に他の2食もバランスの取れた食事をするようにしましょう。そうした方が痩せやすいですし、リバウンドも起こり難いと言われています。例えば、朝に置き換えをして、昼にハンバーガーを食べて、夜は焼肉を食べるというような食生活はダメです。痩せにくくリバウンドも起こりやすくなってしまいます。

 

以下にリバウンドについて記しますのでちょっと目を通しておいてください。

 

置き換えダイエットとリバウンドの関係

置き換えダイエットとリバウンドの関係性を考えた時に、誰でも思い付くことは置き換えダイエットを終了した時にリバウンドしないかということです。単純に考えても、置き換えダイエットをやめれば摂取カロリーが増えることになりますから、何も対策をしなければリバウンドは起こることになります。

 

私は置き換えダイエットは卒業しましたが、ずっと飲んでいたリフレの【脂肪や糖を抑える青汁】は今でも続けて飲んでいます。現在は昼食の前に飲むようにしています。
理由としては以下のようなことです。
私の場合、最初は昼食か夕食の前に【脂肪や糖を抑える青汁】を飲んでいました。それは、脂肪や糖を抑えるという効果に期待したからです。しかし、途中からダイエットに重きを置くようになって、朝食を【脂肪や糖を抑える青汁】に置き換えてダイエットをして来ました。
今では朝食抜きの1日2食の食生活になっています。では、今でも【脂肪や糖を抑える青汁】を飲んでいるかと言えば、また脂肪や糖を抑えるという効果を得たいという理由からです。
私の場合、昼食にラーメンや炒飯、親子丼などの丼物を食べることが多いので、昼食の前に【脂肪や糖を抑える青汁】を飲んで、脂肪や糖を抑えて貰おうとしている訳です。
そのせいか、リバウンドは起こりませんでした。またウォーキングをするということも始めたこともあって、リバウンドはしなかったかもしれません。

 

せっかく体重を落としたのですから、それを維持するという意識も大切だと思います。単に、体重が減ったからと置き換えダイエットを止めてしまえば体重がまた増えて来るのは目に見えています。
出来れば運動をするという習慣を身に付けるということも視野に入れておくと良いと思います。

page top